« ダサインの前日 | Main | ティハール ティカ »

November 04, 2005

パシュパティナート

墓をつくらぬヒンドゥ教、
死んだらここで燃やされ、その灰は掃いて川に流される。
この星と一体になるのだ。

pash1


pash2


ここの人にとっては、生きている時こそがすべてなんだ。

|

« ダサインの前日 | Main | ティハール ティカ »

Comments

「生きているこそがすべて」簡単には言えない、感じない言葉ですね。人間=生きること。改めて感じることができました。いまみーさん、ありがとうございます。

Posted by: まさよ | November 05, 2005 12:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ダサインの前日 | Main | ティハール ティカ »